スタッフブログ

フィアット、アバルトのオフィシャルディーラーサイトがリニューアルしました。
スタッフブログは新ブログで更新いたしますので、この機会にぜひご覧ください!
※旧ブログには最新の記事は更新されません。下記のバナーより新ブログをご確認ください。
   
2015/03/01  ショールームダイアリー 
こんばんは!!
 



スタッフブログをご覧になっている皆様

こんばんは!!

そして、いつもスタッフブログをご覧頂き

ありがとうございます。



今日の新潟市内、
午前中は良いお天気だったのに・・・

いまは、雨が降っております。



写真は、
今日の午前中の景色です。

毎週、土曜日は、

洗車。

そして、
毎週日曜日は、
外にあるお車のエンジンをかけてあげるのが、
私の日課であります。

今日は、
ガソリンを入れたり、
石油ストーブに灯油を入れたり。
ちょっと、トラブル発生で
朝から、ついつい、ガソリンと灯油と格闘してしまいました。(笑)

今日から
3月ですね。


もうすぐ私の大好きな桜の時期がやってきます。
待ち遠しいです。

それを楽しみに、3月も頑張りたいと思います。





今日も雨の中ご来店頂きまして、
ありがとうございます。


桜木インター近く。
本間ゴルフ様 お隣
の中古車を展示しております、ショールームでございます。



  中古車に興味のある方は、ぜひお問い合わせお待ちしております。




ご来店も
お待ちしております。
 
   
2015/03/01  ショールームダイアリー  セールス 田辺良也
問わず語り・・・ セレ再考 今更ですが
田辺良也 / タナベ リョウヤ
[セールス]
 

いつもスタッフブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

 

                                 乱筆乱文ヴェッキオです。

 

 

 

繰り返しになりますが セレスピードは

 

ATモード付シーケンシャルマニュアルトランスミッションなのであります。

 

 

 

マニュアルトランスミッションにアクチュエーターを追加して

 

クラッチ操作とシフト操作を 

 

コンピューターが制御し 油圧を使って動かしています。

 

 

 

ATモード走行では

 

コンピューターのシフトポイントと ドライバーの意思=アクセル開度に

 

ズレがあると その差が変速時のショックになってしまいます。

 

ですので アクセルペダルを踏み込んで そろそろシフトアップするかなッ?

 

のタイミングでほんの少しペダルを緩めてあげると 

 

ショックも改善されるかと思います。

 

 

 

MTモード、ATモードとも

 

マニュアルライクな運転方法が必要かもしれません・・・

 

 

 

 

 

 

 

そこで!

ATモードでの変速ショック自体を解消したのが

 

アルファロメオ ツインクラッチテクノロジー  TCTです!

 

 

セレのシングルクラッチに対して

 

名前の通り 1・3・5の奇数段と2・4・6の偶数段の

 

二つのクラッチを使用しております。

 

 

イメージしてみて下さい。

 

複数のモノを片手だけで動かすよりも

 

両方の手を使ったほうが 早くて効率もイイですよね!

 

 

走行中は次のギアが常にスタンバイしていますので

 

変速に途切れることはありません。

 

オートマチックならではの快適性と

 

トルクコンバーターでは味わえない ダイレクトな走りを堪能できる!

 

また動力の伝達ロスが少ないので 燃費向上にも貢献しています。

 

 

TCTは理想的なトランスミッションと言えます。

 

 

現行のアルファロメオはGIULIETTA、MITOとも

 

この最新のトランスミッションを搭載しております。

 

 

確かに世代から言っても シングルクラッチのセレスピードの

 

改良・進化版がツインクラッチのTCT! と言えるかもしれませんが

 

個人的には、セレとTCTは全く別物だと考えてしまいます。

 

運転操作フィーリングですよねッ 多分・・・

 

 

 

TCTのデキが本当に良すぎるのです。

もちろんステアリングのパドルシフトや シフトレバーを使って

 

ダイレクトな走りを楽しめますが

 

Dレンジに入れるだけのオートマチック走行でも十分なんですよねッ

 

運転操作に 余計な気を使わなくても イイんです! (川平慈英で・・・)

 

 

 

繰り返しますが TCTのデキが本当に良すぎるのです。

 

洗練された とてもインテリジェンスなトランスミッションなのです。

 

 

 

 

 

 

それに比べると セレスピードは・・・

 

 

 

 

色々 気を使うところはありますが

 

車速、エンジン回転、アクセル開度、シフトタイミング・・・など

 

車を乗り熟している悦びを 

 

感じることができるトランスミッションなのかな?! と思います。

 

 

 

たまにNになったり 1に入らなかったり・・・ありますが

 

欠点を補える それ以上の魅力があるセレスピードなのです。

 

 

こんなヘンテコなトランスミッションに 出会えて良かった!

 

ありがとう  これからもヨロシクね!

 

               できる限り 無問題!でお願いします・・・タナヴェッキオ

 

 
2015年03月(60件)
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ページ上部に戻る